自己破産KING

任意整理に応じない会社はほとんどない

任意整理について調べてみたことがある人の中には、任意整理は私的な交渉だから応じるかどうかは会社側の自由だということを知っていて、「任意整理に応じない会社もあるのではないか」と思っている人もいるかもしれません。
この記事では、任意整理に応じない会社があるのかどうかについて、いくつかのポイントにわけて説明していきます。

大手の会社で任意整理に応じないところはほとんどない

結論から言うと、大手の銀行・クレジットカード会社・消費者金融で任意整理に応じない会社というのはほとんどありません。
任意整理とは、弁護士などに依頼し、会社側との私的な交渉を通じて、利息のカットや返済期間の延長といった条件で和解することを目的とした債務整理です。
会社側にしてみると、任意整理をすれば元本は回収できるわけですが、もし任意整理に応じずに個人再生や自己破産をされたら、元本すら回収できなくなってしまうおそれがあります。
会社側に任意整理を申し出ると応じてもらえることがほとんどなのはそのためです。

廃業している会社は任意整理に応じないこともある

ただし、日本保証(武富士)、CFJ、クレディア、アペンタクル(ワイド)など、既に廃業して新規に貸付をしていない会社の場合は、任意整理に応じないこともあります。
しかし、このような会社からの借金の場合、時効が成立している可能性もあります。最後に返済してから5年以上、一度も返済をしておらず、裁判にもなっていない場合は時効の可能性が高いので、「時効の援用」という手続きを検討しましょう。

奨学金の日本学生支援機構は任意整理に応じない

奨学金が返せず任意整理をしたいという人はよくいますが、奨学金を提供している「日本学生支援機構」は任意整理に応じないことで有名です。
奨学金はもともと金利が低く、返済期間も長期になっていることがほとんどなので、任意整理をするメリットはほとんどありません。
奨学金が返せないという人は、日本学生支援機構が用意している救済制度を利用するか、個人再生や自己破産といった裁判所を通す債務整理を検討する必要があります。

まとめ

銀行・クレジットカード会社・消費者金融といった会社は、自己破産されて元本が回収されなくなるよりは任意整理で元本だけでも回収したいと考えるため、任意整理に応じないことはほとんどありません。
既に廃業している会社の場合は任意整理に応じないこともありますが、そうした会社からの借金は時効を迎えている可能性もあります。
なお、奨学金の日本学生支援機構は任意整理に応じないことで有名です。