自己破産KING

自己破産すると医療費の滞納も支払いを免除してもらえる?

重い病気にかかってしまったり、大きな怪我をしてしまったりしたときに、医療保険や貯蓄といった備えがなかった場合、高額な医療費を滞納してしまうことになります。

絶対に無理な支払いがあるときの解決策として最も強力な手続きは自己破産ですが、医療費を滞納しているときに自己破産するとどうなるのかをこの記事で説明していきます。

医療費の滞納があるときに自己破産するとどうなる?

医療費の滞納があるときに自己破産を行うと、滞納している医療費は「免責」といって支払義務が免除されます。

自己破産では、裁判所に申し立てを行い、財産を処分する代わりに借金などの支払義務を免除してもらうことができます。

預金や有価証券、家や土地などの不動産、自動車といった財産は処分されることになりますが、99万円以下の現金や生活必需品は手元に残すことが認められているので、自己破産は無一文にはならずに人生の再スタートを切れる制度となっています。

免除してもらえない支払義務には税金・社会保険料・罰金・養育費などがありますが、医療費はその中に含まれていないため、どのような形でかかった医療費であっても支払いを免除してもらえます

高額医療費に保証人が付いている場合の自己破産

手術や入院を伴う高額医療費の場合、身近な親族が保証人となっている場合も珍しくありません。

しかし、保証人付きの医療費を滞納している状態で自己破産を行うと、滞納した医療費の残高が一括払いで保証人に請求されるので注意してください。

自己破産は裁判所を通して行う法的な手続きであるため、すべての借金や支払義務が同じように整理されますので、医療費の滞納だけを自己破産しないといったことはできません。

その医療費を保証人が支払えない場合、保証人も債務整理せざるを得なくなりますので、そのあたりは弁護士などとよく相談する必要があるでしょう。

まとめ

医療費の滞納があるときに自己破産すると、滞納していた医療費の支払義務が免除され、支払わなくてよくなります。

その代わり、自己破産では財産が処分されることになりますが、99万円以下の現金や生活必需品は手元に残すことができます。

手術などを伴う高額医療費には保証人がついていることが多いですが、保証人つきの医療費を滞納した状態で自己破産すると、医療費の残高は保証人に一括払いで請求されます。

その結果として保証人も債務整理せざるを得なくなることも多いので、自己破産する前に保証人や弁護士などと事前によく相談してください。