自己破産KING

「借金額いくらから自己破産できる?」答えは人によって違う

自己破産は借金額いくらからならできるのか、という質問はよくありますが、その答えは人によって異なります。

同じ借金額500万円でも、自己破産を認めてもらえる場合もあるし、自己破産させてもらえない人もいるのです。

この記事では、自己破産できる条件は何かを説明したうえで、借金額いくらから自己破産できるのかを自分で判断する簡単な計算方法をまとめます。

自己破産は「借金額いくらから」ではなく「返すのが無理なら」

自己破産は、「借金額がいくらからならできる」と決められているわけではありません。1000万円の借金があっても自己破産を選ばない人もいるし、100万円の借金で自己破産する人もいます。

自己破産ができるかどうかの基準は、借金が到底返せない状態になっているかどうかなのです。

借金問題を解決する方法である債務整理には、自己破産の他に任意整理と個人再生があります。

任意整理や個人再生で解決できる借金の場合、自己破産を申し立てても認めてもらえません。

借金額いくらからなら自己破産できるか知る方法

自分の場合は借金額いくらから自己破産できるのかを知る方法はあります。

まず、すべての借金を足して合計額を出し、それを5分の1に割ります。そうして算出した金額を60で割り、その金額を毎月返済できるくらいの収入があるかどうかを考えてみればいいのです。

例えば、アコムから90万円、三菱東京UFJ銀行から150万円、エポスカードから60万円の借金がある人の場合、借金額の合計は300万円です。300万円を5分の1にすると60万円なので、60で割った金額は1万円になります。

この場合、毎月1万円を返済に充てられるだけの収入がある人は、個人再生で借金問題を解決することが可能であるため、自己破産は認めてもらえない可能性が高いです。

逆に、月に1万円を返済すると生活が成り立たなくなってしまう人は、自己破産を認めてもらえる可能性があります。

まとめ

自己破産できるかどうかの基準は、「借金額いくらから」ではなく「借金を返しきれなくなったら」です。

債務整理には自己破産の他に任意整理や個人再生があるので、任意整理や個人再生で借金問題を解決できそうな人は、自己破産を認めてもらえません。

自分は自己破産できるのかを判断するには、借金の合計額を5分の1に割り、さらに60で割った金額を毎月返済できるかどうかを考えてみましょう。

その金額が返せる人は個人再生で借金を完済できますし、返すのが無理な人は自己破産を認めてもらえる可能性があります。