自己破産KING

借金100万円をできるだけ早く返済するための3つのコツ

借金が100万円程度の場合、早く返済するための最も重要なコツは、最低返済額よりも多くの金額を返済していくことです。

それがつらい場合は、返済の一本化や利息を下げることを目的として「おまとめローン」を利用したり、借金そのものを減額してもらえる「任意整理」をすることも可能です。

借金返済の落とし穴は「毎月最低返済額だけ返す」こと

借金の返済がなかなか終わらない人がよくはまってしまう落とし穴が、お金を借りた会社が決めた最低返済額しか返済しない状態が長く続くことです。

最低返済額しか返済しないと、支払ったお金の大部分が利息の支払いに取られてしまい、元本の返済がほとんど進まない、という状況になります。

借金の返済を早く終わらせたければ、支出の無駄を見直して返済に回せるお金を増やし、最低返済額より多くの金額を返済できるようにしていくことが重要です。

「おまとめローン」は借金返済に有効か

多くのクレジットカード会社や消費者金融から借金をしている人の場合、銀行などが提供している「おまとめローン」を使うのは一つの手です。

おまとめローンとは、現在の借金をすべて返せるお金を借りて、今ある借金をすべて返済し、その後はおまとめローンだけを返済していく、という形のローンです。

クレジットカード会社や消費者金融の金利は18%程度であることが多いですが、おまとめローンの金利は15%以下のものが多いため、借金の一本化に加えて少し利息を抑えることも可能です。

借金の返済自体を楽にする「任意整理」

任意整理とは、借金の返済が苦しい人が借金を減額してもらうために取ることのできる正式な手続きである「債務整理」の一種です。

任意整理では、弁護士や司法書士に代理人となってもらって会社側と交渉し、利息・遅延損害金の全額カットや、返済期間の延長(60回払い程度)を実現することができます。

その代わり、任意整理をするといわゆる「ブラックリスト」の状態になり、クレジットカードが使えない、ローンやキャッシングなどで借金ができない、分割払いでモノが買えないといった制限を約5年受けます。

まとめ

100万円くらいの借金なら、家計を見直して支出を減らし、浮いたお金を返済に回して毎月の最低返済額より多くの金額を返済していけば、借金完済が早くなります。

また、銀行などが提供しているおまとめローンやフリーローンを使えば、借金を一本化したうえで利息を今より下げることが可能です。

そうしても返済がつらい場合は、利息や遅延損害金をカットしたうえで返済期間を延長してもらえる任意整理を行ってみるとよいでしょう。