自己破産KING

自己破産してもETCが使える!ETCパーソナルカードを紹介

高速道路をよく利用する人にとって、専用の割引や料金制度があるETCカードは必須と言ってもいいほど便利なものです。
しかし、自己破産するとクレジットカードが使えなくなるため、ETCカードも利用できなくなってしまいます。
そんなときに便利なのが、クレジット契約なしでも使えるETCパーソナルカードです。

自己破産するとETCカードが使えなくなる

自己破産をすると、クレジットカード会社などが加盟している「信用情報機関」に情報が登録され、いわゆる「ブラックリスト」の状態になります。
ブラックリスト中は、クレジットカードの利用や作成ができなくなるため、クレジットカードに附属しているサービスであるETCも利用できなくなってしまいます。
一般的なETCカードはすべてクレジット契約を前提としているため、自己破産後の約5~10年間は使うことができないのです。

自己破産しても使えるETCパーソナルカードとは?

ETCパーソナルカードとは、高速道路会社が共同で発行しているETCカードの一種で、クレジット契約なしでもETCのサービスを利用できることが特徴です。
ETCパーソナルカードのデメリットとしては、月平均の利用額に応じてデポジットと呼ばれる保証金が必要となることです。
月平均の利用額が5000円までなら2万円、1万円までなら4万円、1万5000円までなら6万円、それ以上なら8万円のデポジットが必要となります。
よく間違われがちなのですが、ETCパーソナルカードはプリペイドカードではありません。
デポジットはあくまでも保証料で、高速道路の利用料を清算するために使うことはできないので注意してください。

自己破産後でも使えるETCパーソナルカードを取得するには?

ETCパーソナルカードを取得するには、ETCパーソナルカードWebサービス(https://www.etc-pasoca.jp/)で申込書を作ると便利です。
作成した申込書をETCパーソナルカード事務局に郵送し、返送された案内に従ってデポジットを振り込めば、2週間程度でETCパーソナルカードを郵送してもらえます。

まとめ

自己破産後はブラックリストに載ってクレジットカードが使えなくなるため、一般的なETCカードはすべて利用することができなくなります。
自己破産後でも利用できるETCカードとしてはETCパーソナルカードというものがあり、デポジットと呼ばれる保証金を支払うことで、クレジット契約なしでETCのサービスが使えます。
ETCパーソナルカードはETCパーソナルカードWebサービスを利用して申込書を作成し、デポジットを支払えば作ることができます。