自己破産KING

個人再生の後で延滞しそうなときに読む2つのポイント

個人再生をした後で借金の返済が遅れて延滞してもらった場合はどうなるのか、気になる人は多いでしょう。
ここでは、個人再生後の延滞が1回で済む場合と、2回以上続きそうな場合とに分けて、取るべき対応策を説明していきます。

1回でも延滞すると個人再生が取消になる可能性はある

個人再生では、再生計画と呼ばれる借金の返済計画に沿って返済をしていくことが非常に重要です。
1回でも延滞すると、「再生計画に沿った返済が行われなかった」として、会社側が個人再生を取り消すことができてしまいます。
ただ、再生計画の取消には会社側から裁判所へ申し立てを行う必要があります。
さらに、再生計画の取消が決まると減額された借金が元々の金額に戻るので、お金を借りた本人は返済ができずに自己破産することになる場合がほとんどです。
もし自己破産されると、借金の返済が免除となるので、会社側としては元本をほとんど回収できなくなるというリスクを負うことになります。
そのため、延滞が1回目であれば、事前に弁護士や司法書士へ連絡して遅れることを会社側に伝えてもらい、できるだけ早く滞納を解消できる場合なら、待ってもらえる可能性も高いです。

個人再生後に滞納が何回も続きそうなときは

個人再生後に会社の倒産やリストラ、病気や事故などで収入が減ったりなくなったりしてしまい、延滞が何回も続いてしまいそうな場合は、再生期間(返済期間)の延長やハードシップ免責といった救済制度を利用する必要があります。
再生期間の延長では、元本の返済期間を最大5年まで延長してもらうことができます。
ハードシップ免責では、一定の条件を満たせば借金の返済を免除してもらえます。
どちらも条件が厳しいので、利用したい場合は弁護士や司法書士とよく相談してください。
再生期間の延長やハードシップ免責では解決できない場合は、自己破産をすることになります。

まとめ

個人再生後の返済は、1回でも滞納すると個人再生が取消になるリスクが発生しますが、延滞が1回だけなら待ってもらえる可能性もあるので、できるだけ早く弁護士などに連絡することが重要です。
解雇・リストラ・病気・怪我などの理由で個人再生後の延滞が1回では解消できない場合、再生期間の延長やハードシップ免責といった救済制度を利用するか、自己破産を選ぶことになります。