自己破産KING

自己破産の影響とは?本当のデメリットを知れば安心できる

自己破産すると生活にどんな影響が出るのか、心配だという人は少なくありません。
自己破産は怖いというイメージが先行しがちですが、実際には生活への影響がほとんど出ない場合もあります。
ここでは、自己破産のデメリットについて正しい情報をまとめ、自己破産によって生活にどのような影響が出るのかを説明していきます。

自己破産すると家や車に影響が出る

自己破産では借金をほとんどすべて返済免除としてもらうことができますが、代わりに財産を処分しなければならないという決まりがあります。
財産の処分は自己破産の最大のデメリットで、20万円以上の価値がある財産は売却処分され、借金の借入先に配当として売り上げが配られることになります。
そのため、自宅がある人は自宅を処分しなければならず、自己破産後はアパートに引っ越す必要があります。
ちなみに、ローンが残っている自宅であれば、個人再生の住宅ローン特則を利用することで、自宅を残したまま借金を減額してもらうことは可能です。
車もローンが残っていたり20万円以上の価値があったりすると処分されることになりますが、運転免許には影響がないので、自己破産後に車を入手すれば運転は問題なくできます。

自己破産すると仕事に影響が出る人も

自己破産で仕事に影響が出るのは、弁護士や会計士などの士業、金融業、建設業、警備員などの職業に就いている人で、少額管財や管財事件として自己破産する場合です。
破産手続開始決定が出てから免責が確定するまでは一部の職業に就けなくなるという制限があるため、当てはまる人は職場に相談して休職扱いにしてもらうなどの対応をとってもある必要があります。
就業制限は永久に続くものではなく、免責確定後は元のように仕事ができるようになりますので安心してください。

まとめ

自己破産では財産を処分することになるため、自宅がある人は自宅を手放してアパートに引っ越す必要があります。
車も20万円以上の価値があるものやローンが残っているものは処分されます。
また、自己破産の手続き中は一部の職業に就業制限がかかります。
破産手続開始決定が出てから免責が確定するまではその職業に就けなくなりますが、免責確定後は元のように仕事ができるようになります。

西宮で自己破産に強い司法書士はこちら