自己破産KING

自己破産するといつまでブラックリストなどの影響を受ける?

自己破産をすると、いわゆる「ブラックリスト」に載ってクレジットカードが使えないなどの制限を受けるほか、一部の職業に就けなくなったり、旅行や引っ越しが制限されたりといった影響を受けます。

この記事では、自己破産するといつまでブラックリストや職業制限、旅行や引っ越しの制限を受けるのかを説明していきます。

自己破産するといつまでブラックリストに載るのか

自己破産の手続きを開始すると、信用情報機関にその情報が伝わり、いわゆる「ブラックリスト」に載った状態になります。

ブラックリストに載ると、クレジットカードの利用、ローンやキャッシングでの借金、分割払いでものを買うことなどが、約5~10年間できなくなります。

自己破産でいつまでブラックリストに載るのかを正確に確認する方法はありませんが、信用情報機関である「JICC」「CIC」「JBA(KSC)」に信用情報の開示請求を行うことで、ブラックリストが解除されたかどうかを確認することはできます。

自己破産するといつまで職業制限を受けるのか

自己破産すると、士業・金融業・建設業・風俗業・警備員など、様々な業種の職業に就けなくなるという制限がかかります。

自己破産で職業制限を受けるのは、破産手続きを行っている最中で、本人が「破産者」という扱いになっている期間です。

自己破産が認められて免責が確定すれば本人は破産者ではなくなるので、その時点から職業制限も解除されます。

自己破産するといつまで旅行や引っ越しが制限されるのか

自己破産の手続き中は本人が「破産者」という扱いになるということは上述しましたが、破産者になっている間は引っ越しや旅行に裁判所の許可が必要になります。

いつまで引っ越しや旅行に制限がかかるのかも職業制限のときと同じで、免責が確定されて破産者ではなくなった時点で制限が解除されます。

まとめ

自己破産で信用情報機関に情報が登録されて「ブラックリスト」の状態になると、クレジットカードが使えないなどの制限を約5~10年間受けます。

ブラックリストが解除される時期を正確に知ることはできませんが、JICC・CIC・JBA(KSC)に信用情報の開示請求を行えば、ブラックリストが既に解除されているかどうかを確認することはできます。

また、自己破産をすると職業制限や引っ越し・旅行の制限も受けますが、いずれも免責が確定して本人が破産者でなくなった時点で制限が解除されます。

三重県で自己破産に強い弁護士はこちら